効果が無いときは


オリゴ糖配合の食品などを意識して摂取しているという方でも中にはその便秘改善の効果を実感できていないという方もいらっしゃるかもしれません。その場合ですとオリゴ糖の接種方法に間違いがあるかもしれません。オリゴ糖の摂取量や種類が自分の腸に合っていないという場合は効果が実感できません。腸内に棲息する菌の種類や数にはもちろん個人差があります。そしてオリゴ糖にも種類があり、善玉菌にも種類があるので、その種類によって好むオリゴ糖が異なるのです。善玉菌はオリゴ糖であれば無条件になんでも食べるわけではありません。そのため自分の腸内に棲む善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選ぶ必要があるのです。

また、善玉菌の好みに合ったオリゴ糖をきちんと選んでいてもその摂取量が多かったり、少なかったりということが原因で効果を感じられないというケースもあります。摂取量が少ないという場合ですと単純に便秘解消の効果が感じられないというだけですが、多い場合には下痢になってしまうケースもあります。下痢になってしまった場合には摂取を一時中断することでじきに治りますが便秘よりも不快感が強いと思います。ですから少しずつ摂取を試し、効果のほどに応じて徐々に摂取量を増やしていくというステップを踏むことをおすすめします。