整腸作用で便秘改善


オリゴ糖が便秘の改善に対して有効な理由のひとつとしてはその整腸作用にあります。腸内には多くの菌が棲んでおりその種類は大きく分けて3つあります。それは善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌です。善玉菌は腸内環境を整える作用があります。そのなの通り、人のからだにとって好ましい菌ということができます。一方、悪玉菌は腸内環境を壊す作用があり、名前の通り人のからだにとって悪い影響を及ぼす菌です。ですが、どちらか一方の菌だけ存在していれば良いというわけでは無くどちらも体にとって必要な菌なのです。重要なのはそのバランスで、どちらも同じように腸内に棲んでいて構わないのですが善玉菌の数が悪玉菌の数に比べて優勢な状態を作ってあげる必要があるのです。日和見菌は善玉菌と悪玉菌の勢力を見て、強い方の味方をします。この腸内における勢力争いにおいて善玉菌が優勢である場合に腸内環境が整っていると言う事ができ、その場合便秘にもなりにくい腸内環境であると言えるのです。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、そのエサでパワーを得た善玉菌は勢力を増すようになります。

また、オリゴ糖自体が消化されずに腸まで届き、水分を含んだままの状態で移動しますと、結果的に便がかさましされ排便サイクルが早くなるのでこのような理由からもオリゴ糖は便秘の改善効果が期待できるのです。

参考リンク・・・http://xn--68jay1df5gy31z519br8wawga868n.com
便秘改善情報を掲載している“私の便秘は解消しました。”です。