効果が無いときは


オリゴ糖配合の食品などを意識して摂取しているという方でも中にはその便秘改善の効果を実感できていないという方もいらっしゃるかもしれません。その場合ですとオリゴ糖の接種方法に間違いがあるかもしれません。オリゴ糖の摂取量や種類が自分の腸に合っていないという場合は効果が実感できません。腸内に棲息する菌の種類や数にはもちろん個人差があります。そしてオリゴ糖にも種類があり、善玉菌にも種類があるので、その種類によって好むオリゴ糖が異なるのです。善玉菌はオリゴ糖であれば無条件になんでも食べるわけではありません。そのため自分の腸内に棲む善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選ぶ必要があるのです。

また、善玉菌の好みに合ったオリゴ糖をきちんと選んでいてもその摂取量が多かったり、少なかったりということが原因で効果を感じられないというケースもあります。摂取量が少ないという場合ですと単純に便秘解消の効果が感じられないというだけですが、多い場合には下痢になってしまうケースもあります。下痢になってしまった場合には摂取を一時中断することでじきに治りますが便秘よりも不快感が強いと思います。ですから少しずつ摂取を試し、効果のほどに応じて徐々に摂取量を増やしていくというステップを踏むことをおすすめします。

整腸作用で便秘改善


オリゴ糖が便秘の改善に対して有効な理由のひとつとしてはその整腸作用にあります。腸内には多くの菌が棲んでおりその種類は大きく分けて3つあります。それは善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌です。善玉菌は腸内環境を整える作用があります。そのなの通り、人のからだにとって好ましい菌ということができます。一方、悪玉菌は腸内環境を壊す作用があり、名前の通り人のからだにとって悪い影響を及ぼす菌です。ですが、どちらか一方の菌だけ存在していれば良いというわけでは無くどちらも体にとって必要な菌なのです。重要なのはそのバランスで、どちらも同じように腸内に棲んでいて構わないのですが善玉菌の数が悪玉菌の数に比べて優勢な状態を作ってあげる必要があるのです。日和見菌は善玉菌と悪玉菌の勢力を見て、強い方の味方をします。この腸内における勢力争いにおいて善玉菌が優勢である場合に腸内環境が整っていると言う事ができ、その場合便秘にもなりにくい腸内環境であると言えるのです。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、そのエサでパワーを得た善玉菌は勢力を増すようになります。

また、オリゴ糖自体が消化されずに腸まで届き、水分を含んだままの状態で移動しますと、結果的に便がかさましされ排便サイクルが早くなるのでこのような理由からもオリゴ糖は便秘の改善効果が期待できるのです。

参考リンク・・・http://xn--68jay1df5gy31z519br8wawga868n.com
便秘改善情報を掲載している“私の便秘は解消しました。”です。

オリゴ糖で便秘を治す


男性、女性を問わず便秘に悩まされているという方は多いでしょう。テレビコマーシャルなどでも便秘解消をうたった商品は数多く紹介されており、実際に買ってみたという方も多いのではないでしょうか。それでも中には便秘改善のためにいろいろな商品を買ってみたけどどれも効果を実感しづらく、結局は便秘の状態が続いているという方もいらっしゃるかと思います。便秘改善のためにまずはオリゴ糖についての知識を深めましょう。

オリゴ糖というと、ヨーグルトなどの商品パッケージにも今では多くその名前が記載されておりご存知の方も多いかもしれません。オリゴ糖は糖質の一種であり、そもそも糖質はその大きさによって単糖類、オリゴ糖類、多糖類の3種類に分けられます。オリゴ糖に明確な定義は無いのですが、一般的に言えば単糖が2個から数十個程度つながった糖類の総称だといえます。そして、オリゴ糖のほとんどが単糖が2個つながった二糖類です。オリゴ糖は20種類ほどあって、中には胃や小腸において消化されにくい性質のものもあります。これらは大腸においてビフィズス菌などの善玉菌といわれる腸内細菌のエサとなり、その増殖を促すのです。これにより腸内の細菌バランスが善玉菌が優勢の状態となり腸内環境が良好となります。

当サイトでは便秘で悩まれている方に向けてオリゴ糖を利用した便秘解消方法について、オリゴ糖の整腸作用や効果が出ないときの対処法などを踏まえて触れていきます。ぜひお役立て下さい。